インセイン周辺で8500チャット(700円)工場置屋発見!美少女率30%!!

【一旦CM】このインタビューの娘めっちゃデカパイwwwwwwwww

ヤンゴンのダークサイドを見てしまいました…。あれは夢だったのでしょうか。それを確かめたくて、初めてその置屋へ行った日の翌日には、昼間からタクシーに乗ってその置屋に足を運んでいました。(いや、実際はただヤリたかっただけwww)

話はこのタクシーの運ちゃんとの出会いから。

ダウンタウンや北東部の置屋に飽きてしまい、新しい置屋に行きたいなと思っていた私は、偶然英語のできるタクシーの運ちゃんに出あい、この辺にブンブンできるところはないのかと尋ねてみたところ、知ってる知ってる!今から連れてってやるよ!と嬉しそうに快諾。

ダウンタウンから渋滞の道を走らせる事30分、なかなかつかないな…。

これもしかして拉致されてるのか?

不安を隠しきれず、一体いつ着くんだと聞いてみたところ、「もうすぐだよ、心配すんなよあんちゃん!」と、またやけに明るい表情で返されました。

しばらくすると、だんだんと人気のない場所になっていき、道路は舗装こそされているものの、周りは林だらけ。

これはいよいよやばいな…。そう思っていたところ、先ほどまで見えていた辺りのようすもだんだんと変わってきて、今度は工場(こうばと読むのが相応しいかも)エリアへと入っていきました。これはマフィアかギャングたちに椅子に縛り付けられて拷問されるパターンじゃないか!映画で見たぞ!

下して!下してくれ!ここから出してくれ!

なんてことにはならず、最終的には自らズボンのチャックを下してゴム中に出しまくったわけですが。

 

ちょっと小説風に書いてみましたが、ここからはいつも通りで(笑)

さて、工場エリアの昼間のようすです。ちなみに写っている建物は置屋がある場所ではありません。もう少し進んだところにあります。あんちゃんたちがコワイので昼間は写真撮ってません(笑)

あと、周辺は魚の加工工場でもあるのかというぐらい匂いが強いため、黄色い帽子のおっちゃんみたいに、鼻を覆いたくなっちゃうかもしれません。

なかなか慣れない臭さです。

さて、置屋のある通りにつきました。が、こちらの置屋は営業は午後8時からとの事。困ったなぁとうろちょろしていると、上半身裸のポン引きの兄ちゃんが、「レディ?」と聞いてきたので、せやで!と元気よく答えると、違う方の置屋へ。昼間からやってる置屋もあるのか、これはラッキー。

さすがに昼過ぎだったので3人しかいませんでしたが、うち一人はなかなかのルックスです。

置屋の娘にしてはファッションセンスが良い。

フラッシュたいたので、写真写り微妙ですが、鼻筋の通ったちょっと日本人っぽい女の子でした。

普段お仕事で疲れているでしょうから、上にのってマッサージをしてあげます。

それでも日頃の疲れをほぐしてあげようと、こちらは服を脱いで万全の態勢で施術に及びます。

女の子の方にも服を脱いでと促しましたが、NOとの事。お客様の意見を尊重して私だけ全裸状態。記念撮影もそっぽ向かれてしまいました(笑)

ガチガチの自慢の凝りほぐし棒を使って念入りにマッサージしてあげます。

何度かヒクヒクとおイキになられたようで、こちらもスパートをかけフィニッシュ。

夜8時ぐらいにも行きましたが、10人いた中から選べるのは3,4人といった感じで、レベルは決して低くなかったです。

ただ、嬢の中にはアソコが魚クサイ娘もいるので、ゴムは絶対につけましょう。生中やったら即イキ決定です。(逝くの方です。)

 

すぐそばのゲストハウス

ちなみにこの置屋、あんちゃんが言うにはすぐそばにゲストハウスがあって、そこに連れていく事もできるんだとか。

なので夜中ついていってみました。

くせぇ… 川沿いは特にくせぇ…

格子でガッチガチに入口がふさがれているようです。オープンセサミ!

呪文を唱えると先へ進むことができました。

ダンジョンの先を進んでいきます。

ここからは撮影NGでしたが、中の様子を説明すると、最初にいった置屋よりは広めで、パーティションで区切られていますが、それぞれの部屋は若干広い感じです。

そこにも置屋嬢が常駐していたのですが、デブばかりでした。

 

だから部屋が広いのか?…

くだらない事を考えながら、帰路につくと、途中ホテル前にタクシーが2台、運ちゃんがそれぞれ一人ずつ待機していました。

やたらと通行人をチェックしています。

 

レディを派遣しているとの事ですが、さすがに一日2発も出してグッタリだったので、番号だけ教えてもらいホテルで就寝しました。

 

ちなみに工場置屋の料金ですが、ローカルは8500チャットで、外国人は12000チャットになります。

ただ、初見のみ12000で、ポン引きなんかをうまくかいくぐれば8500チャットでオーケーしてくれました。

 

最初に行った置屋については、後編でレビュー致します。

 

びゅる☆マン
タイのスレ嬢たちに別れを告げ、最貧国ミャンマーの大都市ヤンゴンで産声を上げた変態スネークと言えば私の事。こう見えて英語と中国語が話せるよ( ;´Д`)マレーシア&ヤンゴンを拠点にセミリタイア中…。

コメントを残す

注意: ミャンマーに関する話題や、それらに関する質問以外の投稿はお控えください。悪質なものはIPブロック致します。また、ツアーガイドは予定しておりませんので、その手のお問合わせもご遠慮くださいませ。

*の印がある項目は必須事項です。メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

*
*