ミャンマー精力剤とピル・抗生物質の入手方法

【一旦CM】このインタビューの娘めっちゃデカパイwwwwwwwww

ミャンマーの精力剤といえば、「ミャーヒンター」。精力増幅、アソコぎんぎん丸。安いからと置屋で遊びすぎて残弾がスッカラカンになってしまった時に頼りたい相棒。

そんな「ミャーヒンター」、日本国内でも通販サイトで購入することはできますが、一万円近くすることがあるので、ミャンマーの薬局で買った方が断然お得です。ヤンゴンの薬局でも店員さんに聞けばだいたいツーカーで出てきます。若干ニヤリとされるかもしれませんけどね(笑)

 

ヤンゴン ダウンタウンの薬局

エンペラーのある通りから中央の交差点の方へ歩けば、すぐにAA PHARMACYという薬局が見つかるかと思います。ここは、女の子連れ込み可能ホテルのClover Hotel や、Clover Hotel Plusからも歩いていける距離で、かつ店員の中には一人英語が達者なものがいますので、ミャンマー語ができなくても困ることはありません。

ここではミャーヒンター以外にも、アフターピルや抗生物質もいくつか処方箋なしで売ってくれますので、用途に合わせて気軽に利用のできる数少ない薬局かもしれません。

ミャーヒンターは、粉末タイプが500チャット、タブレットタイプが2000チャットで入手できます。かの伝説のお笑い芸人、江頭2:50が乱用してニュースにも取り上げられた「バイアグラ」に含まれる成分と同じものが配合されているため、服用後は目に見えて体に変化が見られます。

こちらに関しては、医師の相談なしに服用しても完全に自己責任となりますので、知識がない限りは購入しないことをお勧めします。

 

淋病やクラミジア治療薬も

もちろん、STD(性感染症)にかかってしまった場合の応急処置として、クラビットやアジスロマイシンを入手することも可能です。嬢のサービスではNNが基本なここヤンゴン。うっかりハメを外してゴムなしで挿入してしまったものの、数日後には尿道から激痛そしてドロっとした膿が…。

そういう場合、たいていは淋病かクラミジア感染かと思いますので、アジスロマイシンをグビっとやっておきましょう。※帰国後絶対にクリニックなりで診察を受けましょうね。。。

850チャットとありますが、それは確か1錠の値段だったかと。3錠だと激安ですもんね。

こちらはジェネリック。ちょっと安いです。価格をメモったケータイをマレーシアの自宅に置きっぱなしにしてしまったので、詳細はまたの機会にコメント欄に追記いたします。

読者様で値段知ってるよという方は、いつでもコメントどうぞ(笑)

 

アフターピルも売ってます

エンペラーやJJで働いている女の子たちは結構服用しているらしいです。

安かったので記念にいくつか買っておきました。地元マレーシアのベトナム娘ちゃんたちも基本ナマ好きなので、彼女たちにプレゼントしてあげよう。

 

近くにはテイクアウト専門のカフェも

ちなみに、AA Pharmacyそばにはテイクアウト専門のカフェも。みんなソフトクリームを買ってましたが、あえてコーヒーを注文。ホイップマシマシでお願いしますっ!

薬局すぐそばのスーレープラザの階段から降りてきた美少女。なかなかキレイなおみ足につられて、危うくストーキングしそうになりましたが、両手にコーヒーとアフターピルを持ってデートに誘うのもなかなかのキ○ガイだなと我に帰りました。

 

いやぁ、でもスリスリしたかった。

 

びゅる☆マン
タイのスレ嬢たちに別れを告げ、最貧国ミャンマーの大都市ヤンゴンで産声を上げた変態スネークと言えば私の事。こう見えて英語と中国語が話せるよ( ;´Д`)マレーシア&ヤンゴンを拠点にセミリタイア中…。

コメントを残す

注意: ミャンマーに関する話題や、それらに関する質問以外の投稿はお控えください。悪質なものはIPブロック致します。また、ツアーガイドは予定しておりませんので、その手のお問合わせもご遠慮くださいませ。

*の印がある項目は必須事項です。メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

*
*