ミャンマー入国ビザをオンラインで取得する方法

2016年12月現時点では、ミャンマーへ入国する際には、世界最強のパスポートを持っている日本人であっても査証申請(ビザの取得)が必要です。ただ、ミャンマー政府が、2014年の9月にe-Visa取得のためのオンラインサイトを開設してからは、誰でも10分程度で取得ができるようになりました。

 

日本語には未対応

ただ、残念ながらまだ対応言語は英語のみで、日本語どころか中国語にもまだ対応していない状態です。びゅる☆マンでは、ビザの事になんか時間を割きたくない、もう若い女の子とキャッキャウフフする事で頭がいっぱい!という方のために、e-Visa取得サイトの簡易日本語訳つきスクリーンショットをご用意しました。

それらの画像とともに、ビザ取得までの流れを確認していきましょう。

 

まずはサイトへアクセス

買春旅行のためだけにわざわざ大使館へ出向くのはかったるいぜと思っていたそこのお父さん!e-Visaなら簡単ワンクリック!

http://www.evisa.moip.gov.mm/index.aspx

 

上記URLをクリックすると、下記画像のような画面に移動すると思います。

e-visa-myanmar

英語だらけでワケわからんwwwという方、ご安心ください。とりあえず左下の Apply eVisa という青いボタンをクリックしましょう。

2016-12-04_160810

すると、こんな感じの利用規約画面が表示されますので、同意する場合は「I Agree」をクリックしましょう。

2016-12-04_160655

すると、ページが切り替わる事なく、ページ内容が上の画像のように変わっているのが確認できると思います。

Visa Typeは申請するビザの種類、Nationality は国籍、 Port of Entryは、入国予定の空港、Security Verificationは、ランダムに表示されているローマ字と数字が書かれている画像(上記画像では水色)の文字を入力します。

記入例

2016-12-04_160732

こんな感じでサクサクっと記入していきましょう。

記入が済んだら Continu ボタンを押して進みます。

2016-12-04_160939

次に個人情報を記入していきます。

  • Full Nameではパスポート上の名前と同じように、ローマ字で本名を記入
  • Genderには性別を(男はMale、女はFemale)
  • Date of Birthは生年月日
  • Country of Birthは出生国
  • Occupationは職業
  • Permanent Addressには宿泊先のホテルの住所
  • Countryでは、現在住んでいる国を選択
  • Postal Codeには、居住地の郵便番号

2016-12-04_160957

YouTube動画

Accommodation Typeの欄には、宿泊予定施設の種類で該当するものを記入しましょう。

例)ホテル宿泊の場合は、「HOTEL」を選択。

 

その下の欄には、宿泊予定施設の名前を記入します。

それ以降は、メールアドレス、電話番号、旅券番号(パスポート番号)、パスポート発券国に発券日、満了日など、飛行機内で渡されるアライバルカードなどに記入するのと同じような内容を記入していきます。

 

写真はセルフィーでも全然OK

2016-12-04_161041

一通り記入が済んだら、残るは画像登録です。デフォルトでは上記のような画像になっており、もちろんまだ画像が登録されていません。「Browse」ボタンを押して、現在使用中のパソコン内のファイルを登録しましょう。

2016-12-04_161028

こういう感じでサイズ条件が書かれていますが画像アップロードしちゃえば勝手に調整してくれるので特に気にする必要はありません。

2016-12-04_161053

ただ、ビザの写真として認められる、ちゃんとした画像である必要があります。

とりあえず正面を向いて、最低限顔全体と肩の一部が移っているような画像をアップロードしましょう。切り抜きは外部サイトの方でカンタンにしてくれます。

いや、自分の顔写真なんてパソコンに保存してないぞ、、、という方は、アップロードせずにその下の「Easily Resize Your Photo Here」に直接飛びましょう。

2016-12-04_161143

すると、Persofotoという外部サイト(https://www.persofoto.com/upload/)へ移動しますので、Select imageでパソコン内から画像を選ぶか、Use Webcamでウェブカメラ写真を撮りましょう。

その後は手順に沿って画像サイズを編集し、元のe-Visaのサイトへ戻ります。

 

これですべて用意することができましたね。

後はクレジットカードで支払いを済ませるだけです。

 

支払いが済むとメールが届き、申請から発行まで1,2営業日かかるよ、と通知されますので、気長に待ちましょう。

 

私の場合は、申請した翌日にはメールでビザが送信されてきました。

それをプリントアウトして持参し、ヤンゴンでのイミグレ通過時に見せたらスタンプを押されて終了です。

img_2746

出国時には特に見せる必要はありませんが、念のため取っておくと良いかもしれません。

パスポート番号を間違えて入力してしまった場合でも、それ以外の情報が正しく入力されていれば、特につつかれる事なくイミグレを通してくれますので、あまり神経質にならなくて良いかと思います。

もちろん、渡航前に気づいたのであれば事前に連絡をしておいた方がいいとは思いますが。

 

シェムリアップの風俗ヤバすぎwwww

【ランキング参加中】ミスヤンゴンまさかの枕営業wwwwwwwwwww

ビザ取得代行などは承っていませんが、不明な点などがもしあったらコメント欄にていつでもお問合せ下さい。可能な限り回答させて頂きます。

びゅる☆マン
タイのスレ嬢たちに別れを告げ、最貧国ミャンマーの大都市ヤンゴンで産声を上げた変態スネークと言えば私の事。こう見えて英語と中国語が話せるよ( ;´Д`)マレーシア&ヤンゴンを拠点にセミリタイア中…。

コメントを残す

質問・感想など気軽にどうぞ(*^-^*)

メールアドレスが他のユーザーに公開される事はありません。

*
*