ミャンマーの有名な民族料理

食事は旅行中の楽しみの一つですよね。多民族国家であるミャンマーは、中国・インド・タイなどの影響を大きく受けていることもあり、さまざまな地域の料理が融合されたものを楽しめます。今回は、ミャンマーでぜひ体験していただきたい代表的な料理についてまとめました。

 

ビルマ料理の特徴

ビルマ料理とは、ミャンマーでもっとも多いビルマ族の料理です。ビルマ料理は、タイ料理と似ていますが、スパイスはより控えめ、そして油をふんだんに使うのが特徴です。また、ミャンマーは日本と同じく世界有数の米の産地であり、米を主食としています。最もポピュラーないくつかの料理を紹介しましょう。

 

ミャンマー風カレー(ヒン)

主食の米と一緒によく食べられるのが、ミャンマーのカレー「ヒン」です。我々日本人が想像するカレーとは全く異なるもので、タイのカレーほど辛くありません。スパイスで炒めた玉ねぎと具を油で煮込み、水分を蒸発させる「油戻し法」という独特の調理法で作られます。チキンカレーならチェッター・ヒン、エビのカレーならバズン・ヒンと呼ばれます(具材+ヒン)。

一般的な食堂では、店頭にカレーの種類分の大きな鍋がいくつか並んでいます。鍋の中身を確認させてもらい、お好みの具のカレーを注文するのがおすすめです。カレーを注文すると、同時にご飯、スープ、箸休めの生野菜、煮付けなどの副菜が付いてくるので、一品で豪華な食卓となります。おかわり自由の店も多いので、きっと満足できますよ。

 

麺料理モヒンガー

ミャンマーを代表する麺料理といえば、モヒンガーです。タイ料理のクイッティアオのように、茹でたライスヌードルにスープをかけて食べます。スープは、魚を丸ごと煮込み、玉ねぎ、ニンニク、ショウガ、トウガラシ、きな粉、バナナの若芽の新芽などを加えてさらに煮込んだもの。特にナマズを材料にしたものが一級品とされています。

ライムをひと絞りし、コリアンダー、トウガラシ粉、ラー油などの各種薬味をお好みで。地方によって味が異なるので、訪れた先々でモヒンガーを試すのも旅の楽しみの一つとなるでしょう。

レストランや路上の屋台で食べられるのはもちろん、インスタントのモヒンガーも販売されているので、お土産としても喜ばれる一品です。

 

ラペッ・トゥッ

ミャンマー独特のお茶請けラペッ・トゥッ。お茶といえば飲むものですが、ミャンマーでは食用としても親しまれています。蒸した茶葉を竹かごなどにぎっしり詰め込み、3〜4ヶ月発酵させます。こうして出来上がった茶葉を油で和え、揚げニンニク、豆類、干しエビなどと混ぜたミャンマーの家庭料理、それがラペッ・トゥッです。

 

モンピャーッタレ

ミャンマー風のお好み焼き。上新粉に玉ねぎや豆、ひき肉やパクチーをまぜ、直径15cmほどの円板型に焼き上げた料理です。ホテルの朝食として提供されることもあります。

 

おまけ:ミャンマーのフルーツ

暖かいミャンマーでは、日本では見かけないフルーツを楽しむことができます。大型の柑橘類ザボンや、森のアイスクリームと呼ばれるシャカトウ、独特の臭いがあるドリアン、トロピカルフルーツの女王マンゴスチンなど、さまざまなフルーツを楽しむのもおすすめです。

 

ミャンマーの料理まとめ

ミャンマーの代表的な料理であるミャンマー風カレー・ヒン、モヒンガー、ラペッ・トゥッ、モンピャーッタレを紹介しました。いずれも安く、屋台や食堂で気軽に楽しむことができるでしょう。見たことのないフルーツに挑戦するのもおすすめです。

ただし、ミャンマー料理は油をたっぷり使用しているので、胃腸の働きが弱っているときは別の料理を食べるのがよいかもしれません。また、生野菜は水道水で洗浄していることが多いので、不安な方は口にしないほうがよいでしょう。