日本とは違う?ミャンマー国内のマナーについて

海外旅行先で気をつけたいのは、日本とのマナーの違いです。私たちが普段何気なくする仕草も、国が違えば「非常識」になってしまうかもしれません。

ミャンマーにも、気をつけたいマナーがいくつかあります。文化の違いを理解し、「郷に入っては郷に従う」よう注意しましょう。

 

パゴダなどの境内では土足厳禁

ミャンマーには、敬虔な仏教徒がたくさんいます。彼らにとって、パゴダ(仏塔)や寺院を建立することは最高の功徳。そのため、国内には数多くのパゴダや寺院が点在し、多くの方から大切にされています。

境内には基本的に誰でも入ることができますが、土足厳禁であることを覚えておかなければなりません。それだけでなく、ストッキングや靴下を履いたまま入るのもNG。まったくの裸足にならなければならないことを覚えておきましょう。寺院巡りをする日は、楽に着脱できる靴やサンダルなどを履いて出かけるのがよいかもしれません。

大きなパゴダや寺院なら、履物の預り所があります。もし入り口に置いておくのが不安なら、預り所を利用するか、靴を入れる袋を用意しておきましょう。預り所を利用したら、履物を受け取る際に心付けを渡すとスマートです。

また、パゴダや寺院に行く際は、男女とも露出の多い服装を控えるようにしてください。タンクトップや短パン、ミニスカートなどはNGです。

 

女人禁制の場所に注意

パゴダの内部や寺院の本堂には、信仰上の理由から、女性が立ち入ることを許されないエリアや女性が触れてはいけないものがあることも覚えておきましょう。例えば、チャイティーヨー・パヤ(ゴールデンロック)には、女性は触れることができず、男性のみ触れることが許されています。

 

僧侶には敬意を

前述したように、敬虔な仏教徒の多いミャンマーでは、僧侶は敬われる存在です。外国人であっても、僧侶を尊重し、気軽に話しかけたり触れたりしないよう注意してください。特に女性は、絶対に僧侶に触れてはいけません。僧侶には、戒律のひとつとして「禁欲戒」があり、それを乱すような行動はタブーとされています。

また、僧侶は昼12時以降食べ物を口にすることができません。食べ物をすすめないようにしましょう。

 

頭を触る、人に指をさすのはNG

ミャンマーでは、人の頭を触ってはいけません。かわいい子どもを見ると思わず頭をなでたくなるかもしれませんが、人の頭は神の宿る神聖な場所とされており、触ることはマナー違反です。また、人を指さす行為も失礼な行動ですので控えましょう。

 

人前で怒りを表さない

ミャンマーでは、人前で怒ることはみっともないことだと考えられています。もしも苛立ちを覚えるような出来事があっても、穏やかなミャンマー人に倣い、冷静に対処するよう心がけましょう。

 

軍に関連する人・物は撮影厳禁

軍人や軍の施設、制服警官を撮影することは禁止です。物珍しさから安易にカメラを向けないよう注意してください。

 

ミャンマーでの食事のマナー

ミャンマーのレストランやホテルでは、右手にスプーン、左手にフォークを持って食事をするのが一般的です。骨つきの料理などは、スプーンをナイフ代わりに使って身を外します。米とカレーを混ぜるときは、フォークを手前に、スプーンを後ろに添え、前後に寄せ合うようにします。

また、支払いは飲食後に行う店が多いです。席についたまま店の人を呼び、会計をしてもらいましょう。

 

ミャンマーのマナーまとめ

ミャンマー独特のマナーをいくつか紹介しました。宗教上のマナーなどは私たちにとって理解し難いかもしれませんが、現地の文化を敬い、尊重しましょう。知らずに現地の人々を不快な気持ちにさせないよう、念頭において旅行を楽しんでくださいね。