日本食屋そばの「White Elephant Hotel」改装中で蛇口から黄色い液体が…。

【一旦CM】このインタビューの娘めっちゃデカパイwwwwwwwww

ヤンゴン滞在中に、Zaloでヤンゴン大学の生徒(18歳)とアポを取ることができたため、万が一のムフフに備えて「Royal White Elephant Hotel」に宿をとりました!早速レビューさせていただきます!クゥーッ!

 

正面玄関がすごい

いかがでしょう。さすが三つ星ホテル。お客様をお出迎えする玄関口もなんだか趣があります。青いホースもアクセントカラーになっていて、なんだかオシャレです。

冗談はさておき、こちらが正面玄関。てっきりホテルつぶれちまったのかと思いましたよ最初来た時は。

現在改装中なので、従業員出入り口しか使えないとのこと。なんだか嫌な予感しかしない…。

ホテル玄関口は結構広いです。受付には常に2人のコンシェルジュ(笑)がいます。パスポートをコピーしてもらったらちゃちゃっとカギを受け取りましょう。

ちなみに、正面玄関ドアの真横には ATMもあります。

フロントでよく見る世界各国の時間を示す時計。よく見てみると5つプレートがありますが、時計は3つだけ。一番右の黒ずんでるやつは「TOKYO」です。反日ホテル認定。リメンバーヒロシマ!

 

 

ゾウさんのカギを手にいれた

さて、このホテルのカギとやらを渡されたのですが、どこからどう見てもタフマンです。いや、もっと卑猥な言い方をすると完全にピーニスです。

今夜だけはダブルディック。どうも、一皮むけたびゅる☆マンです。

早速バスルームをチェックしてみます。おー、バスタブ付き。

と思ったのもつかの間。水を出してみると黄色いです…。

しばらくしたら透明になるかなと待ってみましたが、やっぱり黄色でした。

おそらく地下から硫黄でも湧き出ているのでしょう。

きっと改装後は「象印の温泉ランド」にでも改名するはずです。

電源もなぜか冷蔵庫のある場所一箇所にしかなく、寝ながらパソコンするにはちょっと厳しめです。

今回はシングルのツインベッドだったのですが、大きめのサイズでもこのクオリティだと泊まりたくはないかもしれませんね。ホテルスタッフもイマイチ気が利きませんし、メシもついてこないで一泊2600円以上です。コスパは非常に悪いです。

ただ、徒歩5分以内に日本料理屋とロッテリアがあるので、食うに困るということはないかと思います。

 

総評

周囲はあまり夜遊びスポットがないため、JJが目的の方以外は泊まらない方がいいかも。

浴室

>>このホテルの最安値をチェックしてみる

 

びゅる☆マン
タイのスレ嬢たちに別れを告げ、最貧国ミャンマーの大都市ヤンゴンで産声を上げた変態スネークと言えば私の事。こう見えて英語と中国語が話せるよ( ;´Д`)マレーシア&ヤンゴンを拠点にセミリタイア中…。

コメントを残す

注意: ミャンマーに関する話題や、それらに関する質問以外の投稿はお控えください。悪質なものはIPブロック致します。また、ツアーガイドは予定しておりませんので、その手のお問合わせもご遠慮くださいませ。

*の印がある項目は必須事項です。メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

*
*