昼間からブンブン?ヤンゴン北西部でロンジー姿の座りんぼ発見!

【一旦CM】このインタビューの娘めっちゃデカパイwwwwwwwww

サムネの画像はただの学生ですぜ旦那ぐへへへwww さて、工場置屋への道で、これまた偶然英語の話せる運ちゃんに遭遇したので、後部座席から「オンナ、オンナ…。グギギギ…。」と不気味な眼差しで問いかけてみたところ、いいぜ、連れてってやるよとの回答。

英語ができるしそこそこ歳も若いので、これは工場置屋同様期待が持てそうだ。どんな置屋に連れてってくれるのかな?

林だらけのヤンゴン、途中目にするのは緑、緑、ミドリ!

自然がいっぱいのヤンゴンで、嫌なこと全部忘れちゃおっ?

昨夜のアングラ感満点の工場置屋で若干ファッカーズハイになっていた私は、今回もきっととんでもない置屋に連れてってくれるものと、勝手にワクワクしていたのでした。

しかしよくよく話を聞いてみると、「ノットハウス!」「テイクアウト!」というではありませんか。

置屋ではないのですね…。

しかし昼間っから立ちんぼをお持ち帰りできるというのはこれまた便利ではありませんか。

この娘かな?

実はこの娘だったり?

金もらってもやらねーよBBA!

まだまだ森林公園の周りをグルグルと走ります。

びゅる☆マンそろそろ退屈してきたよ…。

ムムムッ!!?

違うか

おや??

と思った頃にはすでに彼女は点になっていました…。

兄ちゃん曰く、あの娘だそうです。

一応徐行してくれたので顔を見ることはできましたが、結構不健康そうな見た目で、ロンジーを来ているガイコツ剣士といったところでしょうか。

場所は確かだいたいこの辺り。

いつもいるかはわかりませんが、夜はもしかしたら人数も増えてるかも?

 

とはいえ、車がガンガン通っているあの通りで、座りんぼをテイクアウトするのは中々の度胸が必要でしょう。狙うなら夜がいいかもしれません。良いのがいなければ南に走ってインヤ湖の座りんぼをチェックすることもできますしね。

今回はちょっと肩透かしでしたが、実はこの道中にも車上置屋を見つけたので、次回紹介したいと思います。

まぁ車上置屋に関してはヤンゴンの至るところに点在しているので、場所を正確に伝えても発見できるか定かではありませんが…。

それではまた次回!

びゅる☆マン
タイのスレ嬢たちに別れを告げ、最貧国ミャンマーの大都市ヤンゴンで産声を上げた変態スネークと言えば私の事。こう見えて英語と中国語が話せるよ( ;´Д`)マレーシア&ヤンゴンを拠点にセミリタイア中…。

コメントを残す

注意: ミャンマーに関する話題や、それらに関する質問以外の投稿はお控えください。悪質なものはIPブロック致します。また、ツアーガイドは予定しておりませんので、その手のお問合わせもご遠慮くださいませ。

*の印がある項目は必須事項です。メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

*
*