ヤンゴンでの出会い系アプリ 主流はWeChatとZaloの2強か

【一旦CM】このインタビューの娘めっちゃデカパイwwwwwwwww

置屋の女の子や、KTVの女の子など、色々な子からリサーチしてみたところ、ヤンゴンで出会いを求めるなら、「WeChat」か「Zalo」がいい感じみたいです。

びゅる☆マン(管理人)は、未だそういった出会い系アプリを使ってヤンゴンガールと出会えた試しがありませんが、ありとあらゆるアプリをインストールして実際に使ってみたところ、このような結論に至りました。

 

Zalo最強かもしれない

ベトナム旅行の時はインストール必須のアプリ、Zaloですが、意外や意外、ミャンマーでシェアを広げているみたいです。WeChatも使ってご近所検索してみましたが、ユーザーはそれほどおらず、明らかにウリをやっている感じのアカウントもほぼゼロでした。

一つだけ紛らわしいのがありましたが、おそらく暇を持て余した埼玉のおっさんの仕業でしょう。

 

英語でも利用可能

Zaloは元々はベトナム発の出会い系アプリだったのですが、2016年に英語版にも対応しました。ミャンマー語での利用ができないので、当然英語がある程度使える才女が対象ユーザーとなるわけですが、それでもそこそこ可愛い子が多い印象です。

 

ご近所検索機能

ヤンゴンでももちろんGPSを利用した「ご近所検索」機能が利用できます。

がしかし、未成年まで検索に引っかかってしまうため、検索フィルターはきちんと設定して利用しましょう。15歳から登録できるみたいです。

まぁWeChatも可愛い子がいないわけではないので、地道に粘っていればいずれは出会えるかもしれません。

途中こんな画像が出てきて少し肝が冷えましたが、どの国にも年齢詐称やネカマみたいなのはいますので、ヤンゴンだからと侮らずに最新の注意を払って臨みましょう。

こういうのはすごくWeChatらしくていいですね。

 

保守的な民族性からか、まだまだオンラインでの出会い系というのは実用的ではない印象。

それでも向こう2、3年でガラッと変わっていくことでしょう。東南アジアの国はどこもみんなそうでした。また面白そうなアプリ見つけたらレビューしようかと思います。ZaloもしくはWeChatで出会えたよという方いましたらコメントいただけますと嬉しいです!

びゅる☆マン
タイのスレ嬢たちに別れを告げ、最貧国ミャンマーの大都市ヤンゴンで産声を上げた変態スネークと言えば私の事。こう見えて英語と中国語が話せるよ( ;´Д`)マレーシア&ヤンゴンを拠点にセミリタイア中…。

コメントを残す

注意: ミャンマーに関する話題や、それらに関する質問以外の投稿はお控えください。悪質なものはIPブロック致します。また、ツアーガイドは予定しておりませんので、その手のお問合わせもご遠慮くださいませ。

*の印がある項目は必須事項です。メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

*
*